太陽光発電よくある質問タイトル

太陽光発電の耐久性 国の法定耐用年数は17年ですが、太陽電池の耐久性は高くメーカー
の期待寿命は、20年以上です。30年前の物が今でも発電しています。
 
太陽光発電の屋根への負担 屋根への加重は、1㎡あたり14kg程度と和瓦の半分以下で非常に少ない
ので心配ありません。念のため必ず事前に強度の確認をいたします。
 
太陽光発電の台風の影響 取付け強化、防水加工まで確実に行います。風速60mでも飛びません。
まさかに備えての保険にも加入で安心。飛来物による[もらい事故]適用。
 
太陽光発電のエコポイント 補助金が出るのでエコポイントはつきません。例えば、5kw設置の場合、
4万円補助金が支給されます。各市町村で補助が出る場合もあります。
 
太陽光発電の操作 特別な操作は必要ありません。太陽が出ると自動的に発電、売電し
はじめ、太陽が沈めば停止する、完全自動運転となっています。
 
停電時の太陽光発電 昼間など発電中は非常用のコンセントを使い、電力を確保できます。
特に、冷蔵庫はオススメです。
 
太陽光発電の価格 決して安くはありません。でも、電気代が安くなるので、
その差額分で設置できます。県の融資【年利1%】も利用可能。
 
太陽光発電の向き 北向き以外であれば設置も可能で、発電量も見込めます。
ぜひご相談ください。
 
曇りや雨の時の太陽光発電 晴れの日に比べると落ちますが、発電します。まったく発電しない日は
年間で5日程度あります。(2013年では4日間)
 
汚染物質 製造過程で毒性ガスを一部使用しますが、適切な薬液処理及び除外装置
を用いて、無害な状態で排出しています。
 
電気 製造規模がどのぐらいかにもよりますが、屋根設置型を基準とする場合
約1.5年程度とされています。
 


お問い合わせ