スタッフブログ

太陽光発電の設置費用と電気代を節約できる方法をお教えします!

太陽光発電を設置することで、電気代を節約できることはご存知でしょうか?エボリューシュンのお客様のほとんどが、電気代を節約するために、太陽光発電を設置されています。

「でも太陽光発電って高いんでしょ?」

という多くのご質問をお受けしますが、
実は初期費用ゼロで、しかも1円も手出しなく太陽光発電を設置することができるのです。しかも電気代の節約になるので、やらないと単純にもったいないです!!

「あやしい。あやしすぎる。。」
「じゃあ、何で周りのお宅は太陽光発電を設置してないの?」

そうなんです。
周りを見るとだいたい10件中1件しか、太陽光発電を設置していません。
これが今の現状です。

なぜ???
その理由はズバリ「誤解」です!!!

太陽光発電の間違った情報が、世の中にはあふれています。
あふれすぎています。

たとえば、

//////////////////////////////////////////////////////

「初期費用が高額すぎて買えない」

「売電価格が下がってきているみたいだけど大丈夫なの」

「すぐ壊れるんじゃないの」

「屋根に負担がかかるんじゃないの」

「雨漏りが心配」

「廃棄の時にすごく困る」

「リサイクルできない」

「なんか販売会社があやしい」

「メンテナンスに手間がかかりそう」

//////////////////////////////////////////////////////

などなど。

太陽光発電について、しっかりとした説明がされていないこと、過去に悪質な業者もいたことなどが、誤解につながっているようです。

これまでに施工実績を積み重ね、お客様から信頼いただいているエボリューシュンとしては、とても残念に思っています。

今回は初期費用ゼロで、1円も手出しなく太陽光発電を設置して、電気代を節約できる仕組みをご紹介します。

「電気代を節約したい」

という方には必見の内容ですので、ぜひ最後までご一読ください。

【 INDEX 】
・太陽光発電のリース制度
・メーカー保証について
・再エネ賦課金について
・施工実績400件以上とアフターメンテナンス
・お客様の声

■ 太陽光発電のリース制度

太陽光発電の設置には高額の初期費用が必要と思われて、あきらめてしまう方がとても多いです。しかし太陽光発電のリース制度を利用すると、初期費用ゼロで、毎月のリース料金を支払うだけで、しかも1円も手出しなく太陽光発電を設置できます!

お客様の例をご紹介します。

◾山口県防府市国衙
  尾崎達也様邸(パナソニック8.26kw)

太陽光発電設置前は12,000円の電気代。太陽光設置後は発電した電気を自家消費して、電気代が9,000円に下がり、余った電気を売電して20,000円の収入。

マイナス12,000円の生活から、プラス11,000円の生活になり、経済効果は23,000円。毎月のリース料金が21,300円なので、なんと1,700円お得になった!

「これが初期費用ゼロで、1円も手出しなく太陽光発電を設置できる仕組みです」

リース期間は10年間で、その後は無償譲渡になるので、11年目以降はリース料金の支払いがなくなります。つまり自家消費分でずっと電気代が節約できて、売電分はすべて収入になります。

固定価格買取制度(10年間、発電して余った電気を一定の価格で国が買い取る制度。2022年度の売電価格は17円/kWh)が終わると、売電単価(2022年度 7.15円/kWh)は大きく下がって売電収入が少なくなってしまいますが、少しでも収入になるのは嬉しいですよね!

■ メーカー保証について

太陽光発電のリース期間中は、もし故障してしまった場合、無料で修理してもらえるので、とても安心な制度です。

「でもリース期間って10年だよね」
「11年目以降に故障してしまったらどうなるの?」

ご安心ください。
メーカー毎に内容は若干異なるのですが、長期の保証がつきます。

保証は長州産業が一番充実しています。
注目すべきは施工の保証もつくことです。
もし雨漏りが起こった場合、通常は施工会社が保証しますが、メーカーも保証してくれるとなると、さらに安心ですよね。(施工会社が倒産してしまったなんてこともあり得るので)

太陽光パネルの保証期間は20年 or 25年です。なのでリース後も10年 or 15年の保証があるので安心です。ただ発電量は徐々に落ちますが、太陽光パネルはほぼ一生ものです。

逆に交換が必要になる機器があります。
パワーコンディショナです。太陽光パネルで発電した電力を、家庭で使用できる電力に変換する機器です。寿命は10年から15年と言われていて、価格は20万円ほどします。パワーコンディショナは故障してしまうものなので、いずれ交換する必要があります。

■ 再エネ賦課金について

最近、電気代が高いなと思ったことはありませんか?
要因はそれぞれのご家庭で様々あると思いますが、電気利用明細を見ると

「再エネ賦課金」という項目があります。

これは先ほどご説明した固定価格買取制度と関係があります。
国が固定価格買取制度で再生可能エネルギーの電気を買い取る費用は、実は再エネ賦課金として、電気の使用者から少しづつ集められています。再エネ賦課金は電気の使用量に比例するので、電気を多く使うほど、再エネ賦課金を多く支払っていることになります。

今後2032年くらいまで、再エネ賦課金は上がり続けることが想定されています。つまり、10年くらいは電気代が上がり続けることになります。その対策として、今なら固定価格買取制度の恩恵を受けられる、太陽光発電を設置して電気代を節約することをおすすめします。

■ 施工実績400件以上とアフターメンテナンス

エボリューシュンは2006年から約400件の太陽光発電の施工を行ってきました。もちろん環境に良いからという理由もありますが、ほとんどのお客様が「電気代の節約のため」に、太陽光発電を設置しています。

設置後もお客様に安心していただくために、一生涯、永年無料のアフターメンテナンスを行っています。メンテナンス内容は以下の通りです。

①太陽光パネルの点検(キズ、割れがないか)
ご希望のお客様のお宅に伺い、高所作業車・ドローンを使って点検します。

②実発電量データ保管サービス
設置してからの累計発電量と経過すべてを記録します。それにより、設置前シミュレーションと、その時点での実発電量との差異がすぐに分かります。万一、大きな差異が生じた場合に、早期発見と正確な対処が可能となります。

③パワーコンディショナ等機器の点検
正常に動作しているかの確認、エラー履歴のチェック、異音の有無などをチェックします。また、停電時にパワーコンディショナから直接電気をご利用いただく為の自立運転の方法についてお客様にご説明いたします。

④電気契約種別の確認、見直し
新電力を含む電気契約種別の比較・検討をお手伝いします。現在よりもお得な契約がある場合にご案内することができます。

■ お客様の声

太陽光発電を設置されたお客様にインタビューしました。

「シミュレーションをしっかりやってもらったので、安心してできました」

「老後の固定費を下げることを考えたときとても安心」

「本当に1円も手出しなく太陽光をつけられたので良かったです」

「太陽光は高いというのが最初のイメージだったけど、話を聞いてみると毎月払っている電気代の中で機械代も払えるということだったので設置しました」

「モニターで発電量や家電製品を使うとどれだけ電気を使うかが見える化できて分かりやすい」

「毎月の総支出が1万円位減りました」

「実際にすごくお得です」

みなさん、やって良かった、もっと早くすれば良かったという感想がとても多いです。

太陽光発電の設置を悩ませる一番の要因は費用です。

ですが太陽光発電のリース制度を利用すれば、初期費用ゼロで、1円も手出しなく太陽光発電を設置できます。

しかも電気代の節約になるので、やらないと本当に損です。

今後、電気代は上がり続けることが予想されます。その対策として電気代を節約できる太陽光発電はとても有効な方法です。シミュレーションは無料ですので、ぜひこの機会に太陽光発電の設置を検討されてみてください。


2020年1月26日|イベント情報・お知らせ

山口市の世良様邸でケラバ板金補修工事を行いました。

弊社を選んで頂いた理由は、「今までお世話になっていて、信頼できるから」と言っていただき、100点をつけていただきました☆

世良様、ありがとうございました♪
これからも信頼に応えられるよう頑張ります(^ ^)


2020年1月24日|施工事例

山口市の川浪様邸で洗濯機の交換を行いました。

弊社を選んで頂いた理由として「スピード、料金、客の要望を聞いてくれる事」と 言っていただき、満足度も100点を頂きました!

川浪様、ありがとうございました♪

炊飯ジャー、レンジ、トースターのご依頼もありがとうございました!
またお家でお困りごとがありましたら、いつでもお気軽にご連絡くださいね(^ ^)


2020年1月10日|施工事例

エナジー通信1・2月号を発行しました。

注目はみんなへの質問コーナー「2019年の一番の思い出は?」です♪
その他にも内容盛りだくさんです!

詳細はこちら


2020年1月9日|イベント情報・お知らせ

三好 真由美(みよし まゆみ)が入社しました!

新しい仲間、「三好 真由美(みよし まゆみ)」が入社しました!
営業事務を担当します。
みなさま、どうぞよろしくお願いします!

詳しいプロフィールはこちら


2020年1月8日|スタッフの日常・日記