スタッフブログ

エコキュートが凍結した時の対処法と予防法

冬場になるとエコキュートからお湯がでなくなったという多くのお問い合わせをいただきます。
原因はエコキュートと浴槽などをつなぐ配管の凍結によるものが多いです。

「寒い時にお湯が使えないのは辛いですよね?」

今回はエコキュートが凍結した時の対処法と凍結の予防法をご紹介します。

 
■ エコキュートが凍結した時の対処法

①基本的には待つ
 外の気温が上がり、配管内の凍結が解消するまで待ちます。

②配管にタオルを被せ、ぬるま湯をかけたり、ドライヤーであたためる
 ※早く溶ける場合もあれば、なかなか溶けない場合もあります。
 ※熱湯をかけると配管が破損する恐れがありますのでご注意ください。

 
■ エコキュート凍結の予防法

①少量の水を流し続ける
・リモコンで給湯温度を水に設定します。(温度設定の下矢印ボタンを押して設定)
・給湯栓を少し開き、糸引き状態に水を流します。(目安は1分間に200mL程)
※水道代はかかってしまいますがバケツ等にお水を溜めておいて、翌朝の洗濯や食器洗い等に使えます。

②浴槽にお湯を残しておく(フルオートのみ)
・入浴後、排水せず浴槽にお湯を残しておきます。(目安は浴槽アダプターの中心から10cm以上、上までお湯を残しておく)
・外気温が約3℃より低くなると、ふろ配管の凍結予防運転が自動で作動します。

 
■ 三菱電機、ダイキン、パナソニック 凍結予防方法の動画
▪三菱電機
▪ダイキン
▪パナソニック
 

週末からは第一級の寒波襲来が予想されています。エコキュートの凍結を予防し、お湯が快適に使えるように、ぜひこちらの記事を参考にして凍結対策をしておいてください。もし凍結などでエコキュートが故障してしまった場合は当社へご連絡ください。

 

フリーダイヤル 0120-857-361


2021年12月24日 | イベント情報・お知らせ